花粉症シーズン到来!不快な症状の改善策はある?

今年も不快な症状で悩まされる花粉症のシーズンになりました。 

くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった鼻の症状と、かゆみを伴う涙目、充血といった目の症状を引き起こす花粉症は今や日本人の25%が発症しているといわれる国民病であり、毎年その人数は増加傾向にあります。 

花粉症の原因 

花粉症は花粉に対するアレルギー反応で発生する病気です。 

鼻や喉、そして目から体内に入ってきた花粉に対しリンパが異物、侵入者として認識をし抗体を作ります。その抗体が肥満細胞に付着することでくしゃみ、鼻水などの諸症状が現れるというメカニズムになっています。その後また花粉が入ってくると、化学物質が分泌されるようになってしまい、いってみればカラダが花粉を異物としてとらえて、それを受け入れるかどうかを判断し粘膜の肥満細胞と合体することでアレルギーとして拒絶反応を起こしてしまうのですね。カラダが花粉を異物として排除対象と判定した場合、花粉が体内にある限り、それによってくしゃみが止まらない、鼻水、鼻づまりや目のかゆみ、結膜炎になるといった花粉症が発症してしまうのです。 

花粉症の原因となる花粉とは? 

花粉症を引き起こす花粉は、樹木から出る花粉に草花から出る花粉も含むと日本では約60種類にも及ぶといわれています。地域や季節によって飛散する花粉の種類は異なり、アレルギーの原因物質となる花粉の種類も様々です。 

日本で最も多くの花粉を振りまいているのは本州から九州まで広い範囲に存在するスギです。ピークは2月頃から4月下旬の約3か月間で、スギは花粉症の代表と言えるほど強烈な症状を引き起こす樹木です。 

その後スギ花粉が収まる頃に飛散し始めるのがヒノキ花粉です。3月末から5月初旬にピークを迎えるヒノキ花粉はスギほどではありませんが飛散量はかなり多く、スギ花粉と併発させてしまう人も多いいのです。 

年間通じて花粉を撒き続けるのがイネ。樹木に比べると飛散量は少ないものの、12月から1月以外はほぼ飛散し続け、春から夏にかけてその量を増加させます。その他にも秋口にはブタクサ、ヨモギといった草花の花粉飛散量が増加しています。まさに日本は花粉天国なのです。 

花粉症治療と効果的な緩和策 

一度発症してしまうと完治が難しいといわれている花粉症。 

症状が出た場合は市販薬で抑えるのが一般的ですが根本的な改善にはなりません。花粉症は病気ですので基本的には病院に行くのが一番です。花粉症外来を設けている病院も今はかなり増えていますが、鼻の粘膜がアレルギー反応を起こしている場合が多いですので、まずは耳鼻科で診察してもらうのがいいでしょう。目の症状がひどい場合は眼科をおすすめします。 

時間的余裕があればピークの時の花粉症の症状が悪化してからではなく、まだ症状が出ていない段階で専門医のアドバイスに従い根本的なアレルギー体質の改善といった治療を講じておくのが効果的な方法かもしれません。しかし、時間がなく病院へ行けない忙しい方はどのような対策で花粉症の症状を抑えればいいでしょうか? 

花粉をカラダに入れない 

花粉症で何よりも大事な事は花粉をカラダに入れないことです。
花粉のほとんどは鼻と口からカラダに侵入してくるため、その侵入経路を塞いでしまうのが一番効果的な方法です。。 

その為にはやはりマスクを装着する事です。 

花粉症用のマスクを正しく装着する事で7~8割の花粉の侵入をふせぐことができます。
また目の粘膜への花粉付着防止には、花粉症用のメガネをかけることも効果的です。 

今年は新型コロナウィルス肺炎の影響でマスクが品不足となっていますが、警視庁のホームページにとても役立つ情報が掲載されていますので参考にしてください。 

キッチンペーパーで簡易マスク

花粉メガネにマスクは、メガネレンズが曇ってしまいますので、以下の情報も参考になりますよ。 

マスクを付けてもメガネが曇らない方法 

花粉症緩和にお茶が効果的? 

花粉症緩和の対策としては最も一般的なのは市販薬の服用ですが、強烈な眠気を伴う場合も多いいですよね。そんな副作用なく対策するノンカフェインの健康茶があるのです。 

今までどうにもならなかった方の最終手段

『えぞ式 すーすー茶』

こちらのお茶はアレルギー性鼻炎、花粉などにより「鼻水が止まらなくて困ってる!」「鼻呼吸が出来ないくらい鼻づまりが苦しい!」”また、こちらのお茶は【イビキの対策】にも効果があるため、「鼻炎ではないけど家族のイビキ対策に…」と購入される方が多数いらっしゃいます。(無自覚の鼻づまりを対策することでイビキの対策に繋がります)しかも従来のイビキ対策は「鼻や口に器具を装着」等、不愉快だったり寝ている間に器具が外れて結局うるさかったりなかなか継続できませんでした。 それが毎日このお茶を飲むだけで済むため、かなり売れていますよ。

えぞ式 すーすー茶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です